トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

CCPのジャンクマンをバージョンアップしよう! 

CCPから発売されているCMCシリーズで遊ぼう!のコーナーです。(たった今、誕生したコーナーです)

今夏に発売のプラネットマン(2019年8月予定)をもって悪魔六騎士も無事コンプ!テンションもMAXってもんです。
これはもう、ぜひとも我が家の六騎士たちにも、お迎えをする準備をさせておかないと!
ということで、すでに発売済みとなっている悪魔六騎士の1人、ジャンクマンのジャンクハンドを作ります。

…えぇ、そうですとも。ゴールデンウィークが暇だったんです ('A`)


CCP ジャンクマンの詳細は以下
【記事リンク】・CCP Muscular Collection Vol.11 ジャンクマン アドベントVer. (原作カラー)

では早速!

CMCmod_JunkHand_01.jpg

材料
バルサシート(5mm)、バルサシート(8mm)、ウッドパテ、木工用ボンド
エポキシパテ、Mr.サーフェイサー、おゆまる


CMCmod_JunkHand_02.jpg

製品のジャンクハンドの寸法に合わせ、5mmと8mmのバルサ材を切り出します。


CMCmod_JunkHand_03.jpg

5mm厚のバルサ材の中央部に差込口用の穴を開口。
一旦3mmのドリルで穴を開け、丸棒ヤスリで穴を広げていきます。


CMCmod_JunkHand_04.jpg

ぴったり!


CMCmod_JunkHand_05.jpg

開口した5mm厚のバルサ材と8mm厚のバルサ材を接着。


CMCmod_JunkHand_06.jpg

ジャンクハンドのベースとなる、かまぼこ板が完成!


CMCmod_JunkHand_07.jpg

…とはいかないのが木材の面倒なところ。
微妙に隙間ができたり(画像左)、切断面がスカスカしてたり(画像右上)、大きな凹みができたり(画像右下)

使用木材がバルサ材なので余計に上のような症状が出ます。


CMCmod_JunkHand_08.jpg

なので、ウッドパテで隙間や欠けを埋めてあげます。


CMCmod_JunkHand_09.jpg

まだ完全に平らにはなっていませんが、こんな感じ。
このときに貼り合わせた面だけではなく、表面と裏面もパテで埋める(目止め)!

表面をやる必要はあるの?と思われるかもしれませんが、しっかり処理しておかないと…


CMCmod_JunkHand_10.jpg
※目止め処理をしていないものにサーフェイサーを吹いてみました

塗装したとき、このような細かな凹みが目立つことになります。
なるべく表面が平滑になるように、6面すべてにパテを盛ったり削ったりの繰り返し。…実に面倒くさい


CMCmod_JunkHand_11.jpg

処理が済んだら、鋳造表現っぽいことをしてみます。
毛先をカットしたボロ筆や歯ブラシを使い、サーフェイサーを塗りつけます。
ボテボテ塗りたくったり、毛先でポンポンと叩いたり、リューターでガリガリ削ってみたり。


CMCmod_JunkHand_12.jpg

パテの盛り、削りという地味な作業の繰り返しの反動からか?
適当で豪快なこの作業が実に楽しい。

■ここにきて、まさかの告白 その1
実はこれブログ記事用に再現したものなので実際に作ったものとは異なります(笑
実際に製作したときは、鋳造表現させた上から綺麗にスパイクを取り付けるのは大変だろうという判断から
あらかじめスパイクの取り付け部に丸くカットしたテープでマスキングをし、その上からパテを塗りつけました。


CMCmod_JunkHand_13.jpg

製品のジャンクハンドのスパイクにおゆまるを押し付け型取り。
エポキシパテでスパイクの複製。

凄く適当にやってしまったので…


CMCmod_JunkHand_14.jpg

ちゃんとした形状を出すのにパテ盛り、穴埋め、削り作業を繰り返すハメに('A`)

雑さ+雑さで200万雑!いつもの2倍の適当さが加わり200万×2の400万!計4つのスパイクを作るので400万×4
ウォーズマンの1200万をも越える1600万面倒くささだーっ!


危うく光の矢になりかかるところでしたよ。というか1600万面倒くささって何だ!?


CMCmod_JunkHand_15.jpg

かまぼこベースを塗装し、スパイクを取り付けて完成です。


CMCmod_JunkHand_16.jpg


CMCmod_JunkHand_17.jpg

こんな感じになりました。
アドベントVer.で少々残念だったジャンクハンド中央の分割も消えてスッキリ!


CMCmod_JunkHand_18.jpg

この画像を参考に、結構やっちゃっていいんだなと。
ジャンクハンドのベース部分はボッコボコのガッリガリにしてみました。


CMCmod_JunkHand_19.jpg

製品版 / 自作品

重量は25グラムの製品版に対し、半分以下の12グラムにおさえることに成功!
結果にコミットです。

そんなわけでジャンクハンドを自作しちゃおう!でしたー。





と思わせておいて…


CMCmod_JunkHand_20.jpg

ちゃっかり作ってるコの字ハンド(笑
だってアドベントVer.には付属しないんだもの。

インターネットで画像を見ながら、適当に寸法を出しました。


CMCmod_JunkHand_21.jpg

コの字ハンドのほうは鋳造表現を抑え目に。


CMCmod_JunkHand_22.jpg

イェ~イ!ウチのジャンクマンにもコの字ハンドが付いたー!


CMCmod_JunkHand_23.jpg

■ここにきて、まさかの告白 その2
実は本当は完成してないんだぁ(ボソッ
スパイクの色に納得がいかなくて、まだ両面テープで仮止めしてるだけなの…

そんなわけで、今度こそ本当にお終い。
では




~からの追記(2019年7月1日)

CMCmod_JunkHand_24.jpg

こっちが本当の本当に完成したコの字ジャンクハンド。


CMCmod_JunkHand_25.jpg

左側のが前に作ったもの、右側が改良版。2.0バージョンってやつです。
コの字に折れ曲がった部分、ジャンクハンド両端の高さを3.5cmから3cmへ短くしました。


CMCmod_JunkHand_26.jpg

何で描いておいた図面の寸法、無視してしまうん?
それはね…

うむ、自分でも分からん!!!




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する