トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド&仮面ライダーディエンド 

S.H.フィギュアーツより仮面ライダーディケイド、ディエンドのご紹介です。


■仮面ライダーディケイド
DECADE_01.jpg

目にやさしくないパッケージカラー。


DECADE_02.jpg

ディケイドらしいスーツを着込んでいる感が再現されていて、S.H.フィギュアーツ独特のひょろっこさは感じません。


DECADE_03.jpg

付属品
S.H.フィギュアーツ用 仮面ライダーカード(全11種×2)
ライドブッカー(ソード、ガン、ブックモード)
カード用持ち手、武器握り手、開き手

カードに印刷されている上段を1、下段を1として×2なのね。
このカードが2枚ついてくるのかと思ったぜ!


DECADE_04.jpg


DECADE_05.jpg


DECADE_06.jpg

劇中でのソードをシュワッとやるポーズがいかします。


DECADE_07.jpg

問題点いろいろ
分割線が目立ちすぎ&顎のライン真一文字すぎ&目ん玉つながりのおまわりさんすぎ。
パーツの構成上おかしくなったのか? これはちょっと酷い。
膝をちゃんと塗れぃ! ライドブッカー(ソードモード)刃の部分、塗装を省くんじゃないっ!

…武器の一部塗装省略とかは普通ならスルーされる所なんでしょうけどね


DECADE_08.jpg

そんな訳でディケイドの顔を分解してプチ整形をほどこしました。
分解後、中央をプラ板2枚で橋渡しして埋め、それぞれパーツをカット、繋がっていた目も中央でカットして形を整えました。


DECADE_09.jpg

これだけの作業でもだいぶ見れる顔になったかと。

<適当マゼンタ 調合レシピ>
■ Mr.カラー
・蛍光ピンク
・モンザレッド(少々)
・つや消しホワイト(少々)
・グレー(ほんのちょびっと)


WEB限定連発 → 店舗限定品発売 → 試作昭和ライダーのポンコツっぷり → 目の色が違うだけの商品2種がそれぞれ限定

と、酷い流れの中で発売されてしまっただけに、一気にS.H.フィギュアーツユーザーの不満が噴出した感が否めず、
余計に商品に対する評価が厳しくなってしまっているようにも感じますが、やっぱりあの顔はないよなぁと。

どのキャラとも絡ませられる事ができるライダーなだけに活躍頻度は高そうです。
FFRシリーズとの相性もいいですよ。


さて、膝とソードの省かれた塗装箇所に手をつけねば。




■仮面ライダーディエンド
DIEND_01.jpg

ディケイドといい、ディエンドといい外国の体によくなさそうなお菓子みたいな色です。


DIEND_02.jpg

ディケイド同様、ディエンドも発売時に顔の作りで色々言われていましたが、
私個人としてはディエンドの顔構造をイマイチ把握していないので何が悪いのかピンとこず…('A`)
首が埋まりすぎという不満は画像を見ても一目瞭然。


DIEND_03.jpg

付属品
S.H.フィギュアーツ用 仮面ライダーカード(全9種×2)
ディエンドライバー
カード用持ち手、武器握り手、開き手

ディエンドライバーは展開状態のみ。


DIEND_04.jpg

カブトの首ジョイントとディエンドの首ジョイントを交換して首が短いのを対処。
画像右 : ジョイントの短いのがディエンド標準のジョイント、長い方がカブト標準のジョイント。
パッと見ただけでも長さの違いがありありと分かります。


DIEND_05.jpg

付け替えるとこんな感じ。 簡単なので交換お薦め!
※交換される方は自己責任でお願いします。

ディエンドの首調整を目的にやった結果、カブトの首の長さがかなりイイ感じに。 効果絶大!
もちろんディエンドの首の長さもイイ感じになったと思います。

カブトライダーズの首が長いと感じる人は、ディエンドを複数買って交換を!


DIEND_06.jpg

カッコよくなった。


DIEND_07.jpg


DIEND_08.jpg

1番奥…


DIEND_09.jpg

よしたまえ!士


DIEND_10.jpg

ディケイド、ディエンドどちらも悪くはないんだけれども、何か物足りないというかなぜ手を抜く?という箇所があるのが残念ですね。
パッケージ裏面と100%同じものは無理だとしても、もう少し製品版の完成度を高めてほしかったですね。 特にディケイド。
分割線はともかく、顎のラインとかならどうにでもなったような気がするんですけど。


以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド&ディエンドでした。
確かにディケイドは…ディケイドは…
おのれ25号ー(>曲<)!(落ち着け

私の場合、最下段のライドプレートの
ピンクに塗装された箇所を切って頭に接着、
「黒い瞬着」でパテ盛りして整形しました。

クリア目はいじってませんが、接続が緩くなったので、
両面テープを見えないように張って固定


塗装
ガイナノーツのブリリアントピンクが合うと聞きましたが、少し薄め・・・
Mrホビーの蛍光ピンクでも、まだ彩度がキツ目…

そこで、いっその事「混ぜてみよう!」と
比率は、蛍光3:ブリリアント1
…大成功!いいディケイドピンクになりました!
蛍光カラーがつや消しの為か、フィギュアーツの色とは違和感少なくて済みました!
白はベースホワイトで終了

武器はこれから資料を見直します。ではノシ
[ 2009/09/04 02:23 ] [ 編集 ]
どうもこんにちは。
前回のディケイド分解はとても驚きました!
僕はディケイドのカラーがどうも「これ、もはやマゼンタっつーか蛍光ピンクじゃね?」と思い、このサイトでの記載されていた分解をカッターナイフのみで行い分解して
愛用塗料ことガンダムマーカーで塗装しました。
(塗装はピンク部分及びひざアーマーに施しました)

一度目はジオンセットのシャアピンクを使用してみると
赤すぎたので一度落とし今度は種デスピンク使ってみると
そしたら良い具合のマゼンタライダーになってくれました
ついで、気になる顔の溝はちょちょいとパテ埋めしまして
これまた種デスピンクで塗装すればそれなりに作中のイメージに近くなりました。

あと、フィギュアーツBLACK・・・
お持ちでしょうか?
なんか首が短いなと思って悩んでいたんです・・・
そこで(ジャンク状態のダークカブトがあったので)この方法をみて早速やってみました!
見違えるほどカッコよくなりましたよ!!
いちのさん!ありがとうございます!!
[ 2009/09/04 18:34 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!

・烈火さん
整形お疲れさまでした。

>いっその事「混ぜてみよう!」
キツめのピンクと薄めのピンクの調合でディケイドピンクが簡単に作れるとは!!
ガイナノーツの塗料を無駄にする事もなく理に叶った調合に拍手です。

もっと赤みを出そう!モンザレッド投入
ちょっと彩度高すぎる!白投入
微妙にくすんだ方が近いかもしれん!グレー投入
私は一体どれだけ遠回りを…('ω`;)

>両面テープを見えないように張って固定
目の固定は木工用のボンドでもいいかもしれませんね。
私は目尻の部分を木工用ボンドで接着してあります。

情報ありがとうございました。


・こじx2さん
全身塗装お疲れさまでした。ディケイドへの愛がなせるわざですね。

>カッターナイフのみで行い分解
どうやら接着部はプレートの両サイドに集中しているようなので、
その部分さえカットしてあげれば彫刻刀なんかで彫らずともいけるみたいですね。
ここでも発覚してしまう私の無駄努力…

>種デスピンク使ってみると
『ガンダムマーカー ガンダムSEED DESTINYマーカーセット2』
GM67 SEED DESTINY ピンクというやつですかね?

>あと、フィギュアーツBLACK・・・ お持ちでしょうか?
持ってますよー
んなもんで、早速うちのBLACKのジョイントも引っこ抜いてみました。
カブトジョイントはどれだけ長いんだよ?と(笑
パーツを交換するだけという単純な作業の割に効果は大きいですよね。
私も誰かが実践されたのを見て試したんですが本当に見違えますね。

劇中イメージにはガンダムマーカーっと〆(・ω・”)メモメモ

情報ありがとうございましたー
[ 2009/09/05 03:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する