トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 その弐 

超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 の紹介記事、その弐となります。
【記事リンク】 超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 その壱



gx55_Houraioh_26.jpg

飛影見参!


■空魔・鳳雷鷹への変形
gx55_Houraioh_27.jpg

鳳雷鷹の胸カバーを開き、腹部に収納されている鳳雷鷹(空魔形態)の頭部を引き出します。


gx55_Houraioh_28.jpg

鳳雷鷹(空魔形態)の頭部が収まっていたスペースへ鳳雷鷹(人型形態)の頭部を収納。
胸カバーパーツを垂直になるまで起こします。


gx55_Houraioh_29.jpg

胸カバー内部のロックを下げます(矢印部)


gx55_Houraioh_30.jpg

レッグガードの引き出し(矢印部)
鳳雷鷹の腕を曲げて、肩部にある尾翼を持ち上げます。


gx55_Houraioh_31.jpg

脚を開き、鳳雷鷹(空魔形態)の首カバーを移動。


gx55_Houraioh_32.jpg

鳳雷鷹(空魔形態)の頭部が背面へ回り込むよう腰を180度回転。
さらに鳳雷鷹(空魔形態)の頭部の向きを回転。


gx55_Houraioh_33.jpg

首カバーとツノを閉じます。
鳳雷鷹の肩パーツ(空魔形態でいうと脚の付け根)を回転させ三角形の灰色部が後方へいくように移動させます。
んで、尾翼の位置を調整。


gx55_Houraioh_34.jpg

鳳雷鷹の手首パーツを外して、鳳雷鷹(空魔形態)のツメを起こします。

取扱説明書では手首パーツをつけたままでも変形可能とありますが、変形を完了させても接地面と手首が干渉してしまうので、
外しちゃいます。


gx55_Houraioh_35.jpg

鳳雷鷹の股関節(空魔形態でいう翼の付け根)を回転。


gx55_Houraioh_36.jpg

鳳雷鷹の脚パーツ(空魔形態の翼)を開き、つま先パーツ(黒いツメ部)をたたみます。


gx55_Houraioh_37.jpg

コアなし状態の空魔・鳳雷鷹 完成!



■GX-55 アクションタイプの飛影との合体
gx55_Houraioh_38.jpg

同セットの飛影(アクションタイプ)と合体させるための付属品。
アタッチメントパーツA×2、アタッチメントパーツB


gx55_Houraioh_39.jpg

翼(左右)の部分にアタッチメントパーツAを取り付け。


gx55_Houraioh_40.jpg

腹部にアタッチメントパーツBを取り付け。


gx55_Houraioh_41.jpg

専用アタッチメントパーツBの凸部を飛影の背中(腰)の穴に差込んで空魔・鳳雷鷹に固定するため、バトルショットブレード(鞘)や、
穴塞ぎ用のパーツは外しておきます。
腕は画像右のように開きます。


gx55_Houraioh_42.jpg


gx55_Houraioh_43.jpg

胴体はアタッチメントパーツBの凸部を飛影の背中の穴に差込んで固定。
頭部は鳳雷鷹の首カバーパーツ、脚はレッグガードで押さえ、手首部分をアタッチメントパーツAに引っ掛けて完成!


gx55_Houraioh_44.jpg

飛影がコア用のサイズじゃないので脚がだいぶはみ出ますね。
バランス的に見ても悪くないと思いますが。


gx55_Houraioh_45.jpg

腹面から見るとこんなんです。 『死刑!ウルトラ5兄弟』って感じです。
…なんというか、空魔への合体だけ雑よね?



■GX-54 コアタイプの飛影との合体
gx55_Houraioh_46.jpg

GX-54に付属するコアタイプの飛影と合体させる時は、アタッチメントパーツは使用しません。
空魔・鳳雷鷹の腹部のジョイントを引き出します。


gx55_Houraioh_47.jpg

飛影の背中カバーパーツを開きます。
腕は画像右のように。


gx55_Houraioh_48.jpg

引き出したジョイントと飛影の背中の穴を接続。
頭部と脚はアクションタイプと同様に鳳雷鷹の首カバーとレッグガードで押さえますが、腕は特に支えなし。
特に飛影の腕がグラつくという事もなくしっかりと固定できます。

そして、やっぱり 『死刑!ウルトラ5兄弟』


gx55_Houraioh_49.jpg

さすがコアタイプ、変形後もスッキリしています。

空魔・鳳雷鷹は脚やツメがよく可動してくれるので接地性は悪くないと思います。
ツメが外側を向くように、脚を少しハの字気味にしてあげるとカッコよく見えますね。

首も可動するのですが、ウチのは可動部分が緩くすぐにカックンとなってしまいます。


gx55_Houraioh_50.jpg

変形・合体玩具大好き、アクションフィギュア大好き、飛影大好きな私にとってはまさに理想的な形の商品です。
それでも、そーれーでも贅沢を言わせてもらえば5~6cmくらいの高さでいいので、空魔形態で飛んでるサマを再現できるような、
安定感をもったディスプレイスタンドが欲しかったなぁ… 微妙に角度を変えたりできるやつ。
並べた時に空戦用の機体である空魔と、陸戦に特化した機体であるはずの獣魔の目線が一緒になってしまうのはちょびっと残念。
ほんの少しの高さでいいので獣魔よりは上、高い所を飛んでる感じで飾りたかったですね。

…超合金を浮いた状態でディスプレイするという発想そのものがズレているのかもしれませんが('ω`;)
そもそも、この鳳雷鷹の空魔形態って羽の先から先までで40cm近くあるんですよね。
とてもじゃないけど、大きすぎて空魔形態では飾れまsゴニョゴニョ …あれ? あれー?

残すは主人公ジョウの弟分、マイクが搭乗する爆竜のみ。
アクションタイプ飛影と同素体?の零影がセット内容に含まれているという事なので、飛影と絡ませるのが今から楽しみ。
本当によく動くので楽しいんです!
ラドリオ忍者ロボ3体の中で1番好きな爆竜が相当なボリュームをもっているようなので発売が待ち遠しいです。


GX-55 超合金魂 飛影&鳳雷鷹でした。
【記事リンク】 超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 その壱


同じ日に発売となったS.I.C. ストロンガー&タックルと同じナンバリングですね。





■超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 (あみあみ)
■超合金魂 GX-56 零影&爆竜 (あみあみ)
■超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 (あみあみ)
[ 2010/09/28 19:02 ] 超合金魂 | TrackBack(0) | Comment(0)

超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 その壱 

超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子に続いて発売となったのは、やはり忍者戦士 飛影から。
主人公 ジョウ=マヤの幼なじみレニー=アイが搭乗するマシン 鳳雷鷹と飛影(大張ズム全開のアクションタイプ)のセットとなります。

【記事リンク】 超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 その弐
         超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子
         超合金魂 GX-56 零影&爆竜



パッケージ
gx55_Houraioh_01.jpg

付属の取扱説明書には鳳雷鷹の設定資料の他、大張正己氏(メカニック作画監督)インタビュー記事、
本編で未使用となった設定資料、飛影のパワーアップ案などが載っています。


gx55_Houraioh_02.jpg

パッケージ側面
鳳雷鷹のイラストは当時、超合金で発売された際に使われたイラストを使用。



■飛影
gx55_Houraioh_03.jpg

大きさは約13.5cmくらい。
超合金魂 GX-54のコアタイプの飛影は約10cmです。

大張監督本人が 自分の絵の癖がそのまま取り込まれている と驚かれている通りの出来栄え。


gx55_Houraioh_04.jpg

付属品
分銅(手首一体型)、剣(Aタイプ)、剣(Bタイプ)、バトルショットブレード(鞘)、ライフル、マキビシランチャーパーツ×2
シールド、ライフル用グリップパーツ(ロング)
武器持ち手×2、銃器持ち手×2、開き手×2、印結び手首×2、バトルショットブレード(鞘)用ジョイント、飛影背面の穴塞ぎパーツ

その他、パッケージの状態で握り手×2が付属。

※穴塞ぎパーツは飛影の背中(腰)にある接続穴を塞ぐためのパーツです。
※バトルショットブレードを装着する際などは蓋を外し、専用の接続軸と交換します。 小さいので紛失に注意!


gx55_Houraioh_05.jpg

分銅! 特にこれといったギミックはなし。


gx55_Houraioh_06.jpg

抜刀
腹部には前屈できる可動部が設けられてます。十字マークが干渉しないよう折りたたまれ、体を前方へ曲げる事が可能。


gx55_Houraioh_07.jpg

すぐ投げちゃうんですよね。 その後、追いかけて敵に刺さった刀をグリグリするんですけど。

それにしてもよく動く飛影だ。


gx55_Houraioh_08.jpg

ライフル&シールド


gx55_Houraioh_09.jpg

ライフル本体(上)、ショートタイプのグリップ(中)、ロングタイプのグリップ(下)
画像右のはライフル本体にロングタイプのグリップを装着したもの。

このロングタイプのグリップを装着したライフルにシールドを組み合わせて…


gx55_Houraioh_10.jpg

サンダーアローガン再現! かっちょいい


gx55_Houraioh_11.jpg

バトルショットブレードのグリップは収納、引き出しができるようになっています。
GX-54 飛影&黒獅子のバトルショットブレードはグリップあり、無しのもの2種類が付属。


gx55_Houraioh_12.jpg

グリップを引き出して銃モードへ。


gx55_Houraioh_13.jpg

グリップを収納、剣を装着してナギナタモードへ。


gx55_Houraioh_14.jpg

マキビシランチャー。
太もも横の飾りパーツを一旦外し、太ももと飾りパーツの間にマキビシランチャー用のパーツをかませるよう取り付け。


gx55_Houraioh_15.jpg

GX-54 の飛影もコアタイプと言いながらもよく動くので相当ビックリしましたが、元々アクション性重視を謳い文句にしていた、
今回の飛影は、さらにその上をいく可動です。
そんでもって、めちゃくちゃカッコいいし、この飛影の出来は本当に凄いですね。
正直、ポージングがへっぽこな私にはもったいないくらい。

今後、これを超える出来の飛影フィギュアが出るのか?と思ってしまうくらいに素晴らしいです。
この飛影をフォーマットにして新しいアクションフィギュアのシリーズを開始してもいいレベル。
本当にバリバリでグリグリ! 時間が経つのも忘れて、ずっといじり倒しちゃってます。 いやぁ、たまげた!



■鳳雷鷹
gx55_Houraioh_16.jpg

いかにも女性用のマシンといったフォルムです。 …レニーが乗ったってだけで女性用ではないか


gx55_Houraioh_17.jpg

ずんぐりな黒獅子と違いスマートです。 鳳雷鷹ってこんなにカッコよかったっけ?


gx55_Houraioh_18.jpg

首、肩、上腕、ヒジ、手首、股関節、太もも、ヒザ、足のつま先と横にあるツメ部が可動。
腰もひねる事が可能ですが、空魔の頭部が腹部に収まっているため本当に微妙にしか動きません。

画像左下の画像。
鳳雷鷹の肩から空魔の尾翼パーツが垂れていて、それが前腕の空魔のツメパーツの間に入り込んでいるのが分かると思います。
この状態で、うっかり腕を外に広げようもんなら破損に繋がりかねません。
尾翼パーツは薄く造形されていますので、腕を動かす際はご注意ください!


gx55_Houraioh_19.jpg

ヒザを曲げる時の可動域確保として、ふくらはぎの羽パーツは1番上のものだけ左右に可動させる事ができます。


gx55_Houraioh_20.jpg

付属品
長剣×2、大輪剣
長剣用持ち手×2、大輪剣用持ち手×2、開き手×2

その他、パッケージの状態で握り手×2が付属。
※ウイング(大)×2、ウイング(小)×2は本体に装着してしまったため画像から省いてあります。


gx55_Houraioh_21.jpg

ビッグウェッブ
大輪剣の持ち手は親指、人差し指と中指、薬指と小指の3点で保持するタイプになっています。
持ち手としては珍しい形状ですね。

取扱説明書を見る限り大輪剣中央の穴に親指を入れるのが正しい持ち方なのかな?
中央の穴に人差し指と中指を突っ込んだほうが収まりがよかったんですが...  好きにしろ!って話しですね。


gx55_Houraioh_22.jpg


gx55_Houraioh_23.jpg


gx55_Houraioh_24.jpg

ダイターンザンバーというか、ツインランサーというか
長剣は中央から折りたたんで短剣モードにする事が可能です。


gx55_Houraioh_25.jpg

変形機構が盛り込まれている上に、脚のデザインの制約もあるので接地させた状態での大胆なポーズ付けというのは厳しめ。
それでも、つま先と足の横に付いているツメが地味ながら威力を発揮してくれるので抑え気味なポーズならなんとか…
という感じでしょうか。

上半身(腕)はよく動くので表情付けに困るような事はありませんが、上でも説明したように空魔の尾翼に干渉したりするので、
注意を払いながら動かすのを心掛けたほうがいいですね。
ともかく、無茶なポーズをつけてコケでもしたら背中のウイングや、空魔の尾翼パーツが簡単に逝ってしまいそうなので、
アクションは同セットの飛影で思う存分堪能したほうが良さそうです。

ウイングと空魔の尾翼は本当に薄いパーツになっているので取り扱いには相当、神経を使います。
撮影中に鳳雷鷹が後ろへ倒れてしまった時には はぁぁ! とうわずった声がこぼれ出ました('ω`;)

続きの 空魔・鳳雷鷹への変形・合体は下からどうぞ

【記事リンク】 超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 その弐
         超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子
         超合金魂 GX-56 零影&爆竜





■超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 (あみあみ)
■超合金魂 GX-56 零影&爆竜 (あみあみ)
■超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 (あみあみ)
[ 2010/09/27 06:00 ] 超合金魂 | TrackBack(0) | Comment(0)

超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 その弐 

超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 その壱 からの続き記事になります。

29話が好きです!


gx54_Kurojishi_26.jpg

脳内で勝手に飛影が登場する時のBGM 「飛影見参!」が再生されます。
ED曲 「一世紀めのエンジェル」 の良アレンジで本当にカッコいい!

「スリル」 が流れだすと エガちゃん キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! となる、そんな感じ。


gx54_Kurojishi_27.jpg

背面のカバーパーツを開き、肩を軸に腕全体を背面へ回転。


gx54_Kurojishi_28.jpg

太もも脇の飾りパーツを折りたたみ、脚全体を背面へ。

その壱で飛影を紹介した時に処理がエライコッチャな形状に… と書いたヒザ。
ヒザ関節の大胆な造形は、飛影の拳が上手い具合に収まるよう設計されているため。 本当に綺麗に収まります。


飛影のコアへの変形は以上! 次は獣魔・黒獅子への変形いきます! …所々、端折ります!


gx54_Kurojishi_29.jpg

・画像左上 : 黒獅子の頭部を前方へスライド。
・画像右上 : 腹部を起こし、カバーパーツ(アゴ下のグレーパーツ)を引き出し、ビームガン、ツノの向きを変更。
・画像左下 : 黒獅子(人型形態)の頭部を内部へ収納。
・画像右下 : 黒獅子(獣魔形態)の頭部の起こし。


gx54_Kurojishi_30.jpg

・画像左上 : 肩を後方へスライドさせ、前方へ閉じ。
・画像右上 : 腕のロール軸を利用してツメの位置を回転、移動。
・画像左下 : 黒獅子(人型形態)の手首は画像の向きに。
・画像右下 : ツメ起こし。


gx54_Kurojishi_31.jpg

・画像左上 : 腰ブロックを前方へ90度回転。
・画像右上 : 足首を引き出し、脚側面部を後方へ起こす。 飾りパーツの向きも変更。
・画像左下 : 飾りパーツを回転させ、脚側面部をさらに引き上げ。
・画像右下 : 脚の付け根部分を回転させ、脚全体を前方へ蹴り出すよう移動、引き出した足首パーツの押し戻し。
          獣魔形態の足先からツメ、かかとを引き出して終わり。


gx54_Kurojishi_32.jpg

コアなし状態の獣魔・黒獅子。


gx54_Kurojishi_33.jpg

コア形態になった飛影が収納される腹部。
収納の際には、奥にある2つの穴に飛影の足の甲(凸部)をはめ込む形になります。

内部ディテールもばっちり!


gx54_Kurojishi_34.jpg

さあ飛影来てくれ。俺と一つになろう。


…さすがに、あそこまでいくと怖いですよね。
「飛影はそんな事、言わない!」って… お前さんの発言のほうが色々とおかしいだろー! バチコーン!

蔵馬が1番そんな事、言わない!

!!! な、何の話しだ?

脱線!


gx54_Kurojishi_35.jpg

収納!
飛影の右側に見えるグレーのパーツは、収納した飛影をロックするためのパーツ。


gx54_Kurojishi_36.jpg

それぞれカバーをおろして完成!


gx54_Kurojishi_37.jpg

獣魔・黒獅子


gx54_Kurojishi_38.jpg

後ろ足の可動はちょっと厳しいですね。
接地性がイマイチなので、気を抜くとちょいちょい足が浮いてしまいます。


gx54_Kurojishi_39.jpg

忍者刀をくわえる事も可能。
口の中にダボがあり、しっかりと忍者刀を固定できるのでそうそうポロリしません。


gx54_Kurojishi_40.jpg


合金玩具らしいずっしりとした重みもあって中々、素晴らしいアイテムです。
超合金魂で、ここまで変形前と変形後の形状に違いがあるものを購入するのは今回がはじめてになります(多分)
さすがにシリーズのナンバリング数も50を超えるだけあって、大したもんだなと。
それだけにスネ部分のカバー、太ももの三角形パーツの色違いだけが本当に残念。

ともあれ、飛影シリーズの1発目でこれだけの出来のものを見せられてしまうと鳳雷鷹や爆竜にも期待せずにはいられません。
3体揃い踏みするのが、ますます楽しみになりました。


以上、超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 その弐 でした。
・記事リンク 超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 その壱





■超合金魂 GX-54 飛影&黒獅子 (あみあみ)
■超合金魂 GX-55 飛影&鳳雷鷹 (あみあみ)
■超合金魂 GX-56 零影&爆竜 (あみあみ)
[ 2010/07/28 21:13 ] 超合金魂 | TrackBack(0) | Comment(0)