トイブロ

■ 簡単に個別記事に飛べるようTOY ROOMなるものを作ってみました。 リンク先は多分あってると思います

CCP Muscular Collection Vol.EX バッファローマン 2.0 キン肉星王位争奪編 ハイスペックVer. (原作カラー) 

発売 (2016年5月) からだいぶ間が空いてしまいましたが、CCP Muscular Collection バッファローマンのご紹介です。


パッケージ
CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_01.jpg

いつものMuscular Collectionパッケージです。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_02.jpg

今回発売されたバッファローマンのグレードは3種 (アドベント、ハイスペック、匠仕様) となっております。

違いは以下の通り
・アドベントVer. … 本体 (PVC製) のみ
・ハイスペックVer. … 本体 (PVC製) 、包帯ヘッド、ロングホーン (長)
・匠仕様 … 本体 (レジン製)、包帯ヘッド、ロングホーン (長) ※手足のサポーターはメッキ塗装

また原作カラーのほかに特別カラーも発売されております。
今回はカラーリングが異なるだけでなく、上半身アーマー付属の有無があります (特別カラーにはショルダーアーマーが付属)


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_03.jpg

原型製作はサンダーロードスタイル笠井氏。
1枚のイラストを提示され、こんな感じで構えたポーズをお願い!という流れから製作をおこなわれたそう。

詳しくはサンダーロードスタイル笠井氏のブログ、『直撃!地獄日報6』 2015年11月9日の記事に書かれてます。
熱い製作記で面白いよ。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_04.jpg

中空ソフビではなく、無垢のPVCで立体化されています。
ズッシリとした重みが、なんだか嬉しい。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_05.jpg

ハリケーンミキサー発動前って感じの腰を落とした状態。
今まさに前方へ飛び出す瞬間というより、ターゲットを見定めゆっくりと腰を下ろしつつあるって感じ。
…と、私は勝手に解釈(笑


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_06.jpg


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_07.jpg

背中。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_08.jpg

口角が上がったニヤリ顔な表情になってるのもイイですね。
このバッファロー、狩りを楽しんでやがるぜ!


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_09.jpg

こんなのが正面切って突っ込んでくるなんて嫌過ぎる。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_10.jpg

腹部が見やすいよう、右腕のバッファローサポーターは外してあります。
バッキバキですね。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_11.jpg

ケツ。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_12.jpg

バッファローサポーターは、黒のつやあり塗装にシルバーを吹きつけテカリを表現。
非常時 (眠たいとき) には枕にもなるサポーターですが、今回の塗装表現では硬質感が表現されているので、
柔らか素材という感じはしませんね。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_13.jpg

ハイスペックVer. (匠仕様にも) 付属する包帯ヘッドとロングホーン (長)。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_14.jpg

ロングホーンは硬質素材でできています。
長、短それぞれ差し替えて交換。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_15.jpg

ノーマルヘッド、包帯ヘッドの交換は頭部丸ごと。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_16.jpg

商品名にもあるよう、王位争奪編のバッファであることを考えると包帯ヘッドで飾ったほうがいいのかーっ!
(謎の声) 好きにしろ


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_17.jpg

強そう。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_18.jpg


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_19.jpg

普通に飾ると、どうしても俯瞰で見る機会が多くなるかな。
ディスプレイする場合、下からも覗き込めるよう高いところへ飾れば、思う存分このバッファローマンを堪能できますね。


CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_20.jpg

いいね。



発売後に、すったもんだあったバッファローマンですが、そんなのが吹き飛ぶくらい出来はいいです。
まぁ塗装問題 (仕様変更問題?)なんて、ないに越したことはないのですが…

すったもんだについての詳細はこちら
【記事リンク】 ・ CCP バッファローマン2.0Verの肌


ちなみにバッファローマンの塗装について修正前と修正後の写真はこちら。
CMCEX_Baffaloman2_HighSpec_21.jpg

やっぱり修正前のバッファは色が黒すぎますよね。
特別カラーのバッファローマンは肌が真っ赤っからしいです ┐(‘~`;)┌


そんなこんなで肌の塗装について問題のあったバッファローマンですが、その造形は本当に見事なもの。
PVC無垢ということで、手にしたときの重量感からも満足感を得られると思います。

普段あまりフィギュアなどを購入しない人が、たまに購入したりすると、「うん万円もするのに軽いんだね」 、「なんか安っぽい」
なんてこと言ったりもしますし。
そんな人が手にとっても、じゅうぶん満足いく商品になっているのではないでしょうか。

造形、塗装、ギミックや付属品等、商品を購入するにあたって注視する点はいくつかありますが、
意外と 「重さ」 というのも消費者にとってニーズがあるのかもしれませんね。

王位争奪編としても飾れるアシュラマン、ブロッケンJr.のVer2.0の発売も楽しみです。



CCP Muscular Collection Vol.EX バッファローマン 2.0 キン肉星王位争奪編 ハイスペックVer. (原作カラー)でしたー。




こっ!この後ろ姿はっ! 

コーホー コーホー

warsman_01.jpg


warsman_02.jpg

ゲーッ!ヒゲモジャの超人!!

CCPから発売の Muscular Collection ウォーズマンが届きましたー!
いやいやいや、デフォで真弓ヘッド装着状態でパッケージしてあるとか… そんなんズルわ!(笑


それはそうと
しばらく更新していなかったので、写真撮影や画像編集が要領よくササッとできなくなっちゃいまして… (困ったものですねー
まずはリハビリを兼ねて

1人CCP Muscular Collection 祭りを開催します!

アクションフィギュアのようにポーズ付けの必要はないし、付属品も少なめだし。リハビリにはもってこいかなと(笑
何よりも素晴らしい出来のフィギュアが続々と届いているので、ぜひともご覧になってほしいのであります。


では


CCP Muscular Collection Vol.DX ロビンマスク 2.0 第20回超人オリンピック決勝戦 ハイスペックVer. (原作カラー) 

CCP Muscular Collection Vol.DX ロビンマスク 2.0 第20回超人オリンピック決勝戦 ハイスペックVer. (原作カラー)です!
商品名、長すぎっす。


パッケージ
CMCDX_RobinMask2_HighSpec_01.jpg

いつものです。 という、いつもどおりのコメント。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_02.jpg

ここ最近発売される商品のほとんどにアドベント、ハイスペック、匠仕様の3グレードが用意されていますが、
今回はいつも購入しているアドベントの1つ上のグレード、ハイスペックをチョイスしてみました。


■オプションパーツ
CMCDX_RobinMask2_HighSpec_03.jpg

■アドベントVer.
オプションパーツなし。握り手仕様のボディが付属。

■ハイスペックVer.
鎧、前腕アーマー×2、ヒサシなしの頭部が付属。 鎧持ち用ボディが付属。


■匠仕様
鎧、前腕アーマー×2、ヒサシなしの頭部が付属 (メッキ加工)、アドベントとハイスペックVer.のボディ2種が付属。

■匠仕様 (レジン製)
鎧、前腕アーマー×2、ヒサシなしの頭部が付属 (メッキ加工)、 ハイスペックVer.のボディ1種のみが付属。
肩の分割線の埋め加工。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_04.jpg

キン肉マン総選挙2013年の結果発表でも使われているイラストを元に立体化!
画集に載っているイラストが元になってるのかな? 勉強不足で申し訳ないです ('ω`;)
ま…まぁ元の元を辿ればコミックスの第20回超人オリンピック決勝戦の一コマです。 そ、そういうことで!

ちなみに今回のロビンマスクは中空のソフビ製ではなく、無垢のPVCとなっています。
なのでズッシリとした重みがあります。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_05.jpg

おぉ!! ロビンマスクがヨ…ヨロイをはじめて脱ぎましたー!!

超人オリンピック決勝で本気モードに入ったロビンマスクが鎧を脱いでから、マスクのヒサシを割る自爆劇までの
貴重な姿の立体化とも言えますね。
うぅむ、カッコイイ。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_06.jpg

ぐるっと
パンツが隠れていると一気に変態っぽく…(´・ω・`)


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_07.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_08.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_09.jpg

額の覗き穴 (?) が少々もっさりとしてシャープさに欠ける印象。
あと目の黒い部分ですが、マスク内部の影と考えるとつや消し黒で塗装したほうが説得力があるような気が…
なんで奥まった影の部分がテカってるのさ。 そんなの不自然だわ! \そうだ!/ \そうだ!/


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_10.jpg

上半身


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_11.jpg

肌は、赤味のさした血色のいい色合い。
くすんだ黄土色っぽい肌よりこっちのほうが断然、好みです!


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_12.jpg

手で挟み込むようヨロイを手に持たせます。
ヨロイはプラ製で軽量化が図られていますが、手に持たせた際の安定感は…バッチリとまではいかないかなぁ
と、いっても普通に飾っている分にはポロリポロリと落ちることもないと思いますが。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_13.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_14.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_15.jpg

付属のヒサシなし頭部を取り付け。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_16.jpg

簡単に頭部の抜き差しができるのはPVC無垢の強みですね。
ソフビ製の湯口と違い、着脱の際に温める必要がないのでパーツの交換も手間が掛かりません。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_17.jpg

ちなみに上半身と下半身の接合部。
ベルト中央の丸いパーツだけ別パーツになっているのは何かワケがあるのかな?


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_18.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_19.jpg


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_20.jpg

VS ジャンクマン

今以上のパワーを出すには… 体を軽くするんだ―――っ!!


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_21.jpg

VS マンモスマン

超人預言書 1979年7月の項―
霧の都より鋼鉄の仮面と鎧に身を包む紳士超人 日の昇る国にて行われる世界超人競技会に現れる
紳士超人 その大会にて世界の超人たちよりその強さと人望を認められ その後結成される正義超人軍団の主将に選ばれる
地球を襲う外敵に いつも先陣を切って向かっていくその紳士超人を人々は 正義の貴公子ロビンマスクと呼ぶ――



CMCDX_RobinMask2_HighSpec_22.jpg


カッコイイです!
ただバッファローマン 2.0のときのような、うぉ?なんじゃこりゃぁ!すげぇぇ みたいな狂った感動はなかったかも。
何て言うんでしょうね?もちろんカッコイイことに間違いはないんだけれども、無難にそつなくまとまった優等生的な格好よさ?
そんな書き方をしたら、まるでバッファローマン 2.0が無難でなく、そつなくまとまっていないみたいですが(笑
うーん、難しいな。


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_23.jpg

今回のロビンマスクは、ある意味ゆで先生の完成された絵が元になっているだけに、それが立体化されたのを見ても
おっ!似てる、ロビン、カッコイイ!で感想が終わってしまうと言うのかな。

もちろん造形師さんなりの解釈、2次元を立体化する際の嘘など、さまざまな技術が盛り込まれ製作されているとは思うのですが、
元が嘘の少ない絵なだけに、そこにプラスアルファで造形師さんの手を加える余地が少ないと言えばいいのか?…ぐ~む


CMCDX_RobinMask2_HighSpec_24.jpg

バッファローマン 2.0だと左の絵が右の立体物として化けたワケですが、これが元画に似ているかと言われればまったく似てない。
(そもそも左の絵は誰が描いたの?という話も)
だけど右の立体化されたものは紛うことなきバッファローマン!そしてカッコイイ。
バッファローマンという素材を殺さず、ポンコツな絵 (失礼) を見事な解釈、嘘を織り交ぜ立体物へと昇華させた。
そこにはロビンマスクで感じることの少なかった、プラスアルファを多分に感じることができた。
それが、うぉ?なんじゃこりゃぁ!すげぇぇ となった部分なのかもしれない。

そう考えるとキャラのイメージを損なわず、バランスよく立体化さえしてもらえれば、
必ずしもそれが原作絵なり、画集イラストにそっくりである必要はないのかも。 と、そんなことを思いました。
今回のロビンは、似せるというコンセプトを大前提に製作されたんでしょう。…多分、きっと
ど素人が偉そうに!って話ですね。すみません \うむ/

だんだんと自分でも何を書いているのか分からなくなってきたのでロビンマスクに話を戻しますが、
ロビンは間違いなくカッコイイです!無垢のPVCなのでズッシリ感もあります!筋肉の造形も見事です!肌もくすんでなくて良好!
買って後悔するような、へなちょこフィギュアではありません。
鎧着用のロビンを発売するときには傷ありのヒサシ、ユニコーンヘッド、バラクーダヘッドあたりも付属してもらいたいですね。
今回のロビンと互換性をもたせてくれたら完璧!よろしくお願いいたします。


あ、1箇所だけ文句を言わせてください

CMCDX_RobinMask2_HighSpec_25.jpg

ヨロイの内側は全面が黒で塗装されているんですが、緑で囲ったところに注目してください。
光が反射しているだけだと思うでしょ? そうじゃないんです! なんとシルバーで塗装が吹きつけられちゃってるんですよ!
しかも、よりによってロビンに持たせたときに前方にくるほうが。
しっかりマスキングしてください!塗り直すの面倒くさいんじゃ!!!あほ~



CCP Muscular Collection Vol.DX ロビンマスク 2.0 第20回超人オリンピック決勝戦 ハイスペックVer. (原作カラー)でした。